海外高校生によるスピーチコンテスト 画像
ホーム > E.G.G.の組織 > 理事長挨拶

E.G.G.の組織

理事長挨拶

エデュケーション ガーディアンシップ グループ(E.G.G.)は、1999年に経済企画庁(現在の経済産業省)の承認を受けて設立された非営利活動法人です(現在の所管は東京都生活文化局)。日本と海外の青少年の架け橋になる事を目的とした教育サポート集団です。世界で活躍する未来のリーダーの生まれる場所になりたいという思いを込めて、E.G.G.(たまご)と名付けました。

理事長 写真

日本と海外の青少年たちが個々の異文化理解能力を向上させる事、異文化理解交流活動を通して日本と世界中の青少年が相互理解を深める事、そして客観的な判断力や視点を身につける事は、未来を担う日本の青少年が真の国際人として成長する為に必要不可欠な事であると考えています。又、日本を理解する世界中の青少年をサポートする事は、日本の教育界の国際化にも貢献できる事であると考えています。

 

世界14カ国の教育機関と連携して開催される「海外高校生による日本語スピーチコンテスト」(以下JSA)を始め、E.G.G.の活動を通し数多くの海外留学生のサポートをし、そして様々な人材が今日まで生まれました。

特にJSAは今年で第18回目を迎えました。JSAは世界中の日本語を学ぶ高校生によるスピーチコンテスト及び異文化交流活動としての広がりだけではなく、JSAにこれまで参加した先輩が後輩を支え、新しい仲間として迎え入れるというネットワークも育っています。

そんなネットワークを大切にし、今後も更にE.G.G.の活動を拡大して行くなかで、より多くの青少年や、様々な教育関係者、教育機関の方々にも貢献できたらと言う思いであります。

 

2013年10月30日

特定非営利活動法人 エデュケーション ガーディアンシップ グループ 理事長 豊田 邦裕
文教大学
桜美林大学
ページトップ 画像